絵を描く人
小迫愛子(コサコアイコ)
千葉県出身

'96年 リクルート「とらばーゆ」特集ページ担当の仕事を皮切りに、
挿絵家としてフリーで活動開始
'98年 洋服屋PAR ICIでのDM、T-シャツ等のイラスト
'99年 「SEDA」・「Grand Magasin」ホロスコープの挿絵を担当
    その後ポストカード販売、ミニシアター「シネマ下北沢」での案内誌、チケット挿絵等担当
    *映画「ざわざわ下北沢」のチラシ製作
'02年 4月より雑誌「TVステーション」でコラム欄の挿絵を担当、現在も掲載中
'04年 9,10,11月号 文芸春秋 「文學界」挿絵担当
'08年 雑誌「TRANSIT」2号 アンデス特集コラム挿絵
'09年 同誌 4号 ハワイ特集コラム挿絵

書籍挿絵 「人生5/8の時間術」文芸社
     「ジャパニーズ・エンターテイメント・リポート」ダイヤモンド社
     「オール・アバウト・シュヴァンクマイエル」エスクァイア・ジャパン
     「定年ブルドック」彷徨舎

展覧会
'02年 6月 グループ展「空を飛ぶ展」アテネフランセ学生ホール内
'04年 5月 初個展「沖の小娘−J.Supervielle」カフェzozoi
'05年 5月 個展 「物語のための挿画」カフェzozoi
'07年 11月 グループ展「遊・MORE展」ギャラリーNAGO
'08年 9月 グループ展「This is it's!」 蔦サロン 
'09年 4月 ミニ個展 「灯・此 展−アカリ」佐倉市立美術館 Cafe Buona Giornata 
6月 個展「灯・此 展−ココカラ」工房・ギャラリー やぶさいそうすけ 

言葉や音、時間など、そこにある物語に添える絵を描いてゆきたいと思っております。

kabegami